MVNO

標準
Pocket

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)は,仮想移動体通信事業者と訳される。NTTドコモやKDDIのような第一種通信事業を行う携帯電話会社から,その通信設備を一部借り受けてサービスを提供する方式,および事業会社をさす。日本では初のMVNOとして,日本通信がDDIポケットの回線を借り受けPHS市場に参入した。

MVNOは自前の設備を持たないので投資がそれほど必要でなく,異業種からの参入も可能になる。欧州では既にMVNOが普及しており,第3世代携帯での周波数取得の際に生じた膨大なコスト負担の問題や,国ごとの免許枠の問題などから,MVNOの重要性がさらに増している。

日本の場合,携帯電話は各地域ごとに3社(東名阪は4社),PHSは3社までの免許が発行されている。これは市場の過当競争を防ぐためであり,それ以上の会社が参入することは法律上不可能だ。しかし第一種通信事業者より回線設備を借り受けて事業を行う「第二種通信事業」が認められており,携帯電話市場では新しいビジネスモデルとして期待されている。

PHS市場に参入した日本通信は,4番目のPHS事業会社としてではなく,法人向けのデータ通信サービスに特化した「bモバイル・データサービス」を提供する

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/keywords/0111/05/mvno.html

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。