ウェブ系メディアへの利用意向高まる

標準
Pocket

この記事の所要時間: 138

ヤフーバリューインサイトは2月29日、情報メディアに関する調査を実施、結果を発表した。

 調査によると、前回調査と比較し、「新聞」、「テレビ」、「雑誌」、「ラジオ」は利用度、信用度ともに低下している。一方、「検索エンジン」は前回の利用度を維持、「ポータルサイト」は利用度が大きく低下したものの今後の利用意向は高く、さらに今回から調査対象に加えた「動画教諭サービス(You Tubeなど)」は利用度、利用意向ともに高い結果となるなど、ウェブ系メディアの利用度や利用意向は高いことが分かった。

 消費者作成型メディア(CGM)を対象にメディアの認知、利用、参加経験を調査したところ、「動画共有サービス」は認知率が約9割、閲覧経験者が6割以上に上った。「3Dリアルタイム仮想世界」も認知率は7割と高かったものの、閲覧経験者は1割以下にとどまっている。

 またCGMを対象に、シーン、目的別に利用したいメディアを調査したところ、自分の情報を他人に提供したいときでは「個人のブログ(26.4%)」や「mixiやGREEなどのSNS(18.0%)」の利用意向が高く、他人から情報を得たいときは「ウィキペディアなどのQ&Aサイト(44.1%)」や「価格/商品比較、宿泊予約サイトなど特的カテゴリの掲示板(39.3%)」の利用意向が高い。目的を持たず、何か面白い情報を探したいときは「You Tube、ニコニコ動画などの動画共有サービス(37.9%)」の利用意向が高いなど目的によってウェブメディアを使い分けていることが分かった。

 調査は2007年12月7~10日、同社の「スコープNet会員」のうち15~59歳の男女を対象に実施したもの。有効回答数は1000人。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20368478,00.htm

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。