デジタルサイネージ

標準
Pocket

この記事の所要時間: 046

デジタルサイネージについて。

POP、ディスプレイ、ボード、ポスター、看板などなど。

決して新しい広告の概念ではないに白、

その素材に関しては、プラズマ、LED、LCDなどなど

特に有機ELはペラペラ、ふにゃふにゃの映像も可能にする。

外壁、壁紙、車の色や柄も気分によって思い通りに。

新聞もキオスクで”買う”時代から、DLの時代へ。

■有機ELで平面がディスプレイ化

http://www.rikeinavi.com/10/contents/mg/08s/technow/index.html

デバイスの変革が次のメディア変革であり、社会の変革でもある。

その源流は技術と呼ばれる人間の探究心なのである。であーる。

どうでもいいですが、最近、デジタルサイネージのおかげで

通勤が飽きない。

http://ogurisaori.com/

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。