small business

標準
Pocket

dev-large元帥いわく、次世代への地雷原、ではないが、

今後、社会の中で生きていく人間として、生きていく証として、

表題の言葉は掲げていこうと思う。

スモールビジネスって、

かの梅田先生も、ベンチャービジネスの違いとして、

揶揄されている言葉ではあるが、大半の人間にとっては、

月10万がとてつもなく大きなインパクトになる。

年間120万だぜ。昇給より、決算賞与より現実的だぜ。

それが”年間”など継続性のある数字を共にすればするほど。

今年以降はしばらくこの言葉を使っていきたいと思う。

コレを使って生きれるまで。

”大半”なんてマーケzine達には許しがたい単語で失礼・・。

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。