HUMAN RELATIONS

標準
Pocket

たまたま通りかかったら、

じっくり見てしまいまして。

http://www.human-r.co.jp/intro.html

やはり根本は「人」なのは当たり前の話です。

ここから人材派遣に期待したいのはもう少し踏み込んで、

「働く=雇用(いわゆる雇用の紹介)」

の他に、もう少し選択肢を与えてあげて欲しいものです。

だって、技術や経験がなくとも、何かに秀でていなくても、

パートナーシップ」という選択肢も十分ありえる時代ですから。

そのパートナーシップを考える上で、個人の持っている能力を

再確認できるよう棚卸して、指摘できるのはある意味才能ですし。

クライアント提案のために、職務経歴書の体裁だけ整えるだけが、

HRの業務ではないはず。

株式、年金、税制、雇用制度など、数の論理で成り立っていた、

過去の社会構造に依存しすぎない意識を創らないと、

新しい価値が創造できないどころか、完全に。

「会社=株式会社」

だけではないのと、それも同じくです。

最近、ドリームインキュベータからDMがよく来るのですが、

会長の元・ボストンの堀紘一氏の発言もしかり。

業界人はこれを見て秘めた何かを燃やすべし。

http://blog.livedoor.jp/y0780121/archives/50176924.html

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。