擬人化クローラ

標準
Pocket

最近はよく佐々木さんの著書をよく読むことが多い。

ここでも書き記した通り、「ニーズ」が、超個人属性の条件下に紐付き、かつ、ロングテイルがさらにマイクロ化し、それぞれに対して決め細やかな情報配信を可能にすれば、広告の積極配信もユーザーにとっては、逆にメリットになることが多い気がする。そもそも広告って損な情報ではないのだし。

インフォコモンズ曰く、ウェブの世界において「信頼」と「友情」はトレードオフ(二律背反)なわけで、必要な情報を必要なときに必要なだけあればよし。

最近はFEEDを通じて、友人・知人の行動(というか時間の消費の仕方)がなんとなく見えるようになって、facebookのビーコンじゃないけど、FEEDでつながった個々お互いを監視しあっているようで、なんとなく違和感があるし、結果としてもあんまり必要じゃない情報を吐き出し、引き入れているやり取りがほとんどなんだと思う。

で、あればウェブ上のアクションを情報の「収集」、「入力」の2つにわけるとすれば、「入力」は今までどおり。「収集」は擬人化した自分の分身に任せてみたらどうか。

性別、居住地、年齢などの属性情報の他に、RSSリーダー、SBM(ソーシャルブックマーク)クッキーのビヘイビアなど入力し(ここでは嗜好属性と定義するとして)、外的要因の季節、天候、経済情勢など、ウェブ上の情報も加え、それら基本情報を基に、擬人化されたクローラがウェブ上を回遊し自分好みの情報をかき集めてくる。

一方「入力」は擬人化されたクローラに出す指示が中心で、例えば主体的に検索エンジンを利用せずとも、労力やノウハウを必要とせずに的を得た情報を取得することが出来る。

クローラと自分が思うようにマッチするまで、フィードバックされた情報の中には不必要な情報が多々あるので、それを排除したりコントロールすることで、クローラの精度をキーワードではなく、個々ユーザーの属性にあわせていくスキームである。

そして情報をかき集めまくっているクローラがふと立ち止まってこちらを見る。

「今週末は雨だし、飲み会も続いてるんで家でこんなDVD見たら?」とか

「家でDVDみるならこんなワイン買ってみたら?今なら金曜日の帰宅時間に届くよ」とか

「周辺でこれだけの人が関心ありそうなんで、DVDとワインの感想をブログに書いたら」とか

従うのみならず、クローラから気の利いた提言があったり、時にはやめろ、と止めてみたり、小宇宙ウェブと向き合う自分にとって大きな大きな右腕となる。そして余計な小言は一切言わない。これもいくつかのタイプ別に選べてもいいかもしれない。従順型とか姉御型とか。

ウェブ上を思い通りに、そしてなんでもやってくれて、期待以上の(正確にはものすごい”今”の”自分”の感性に近い)情報をウェブ上から拾い上げてアレンジしてくれる。さらにブログなど入力した情報からも情緒(ベネフィット)や、わずかな心情の違いなども察知し、属性情報の一つとして格納したうえで、それに応じたアーカイブ条件を基にまたクロールを行う。なんてことができれば佐々木さんの言うインフォコモンズも、成立するアーキテクトになり得るのではないだろうか。

現実は現実として実生活を送り、ウェブは擬人化クローラに任せることで両側面の世界における、意識やリテラシーのデバイドも一部解消される。あとは自分の擬人化クローラが別人に飼いならされないようにしておく必要がある。自分の言うことを聞かなくなってしまっては本末転倒なので。

いずれにせよ、これを手早く形にしてくれる技術力と柔軟明晰なマインドが欲しい。形はクラウドでもいいし、会社でできなければLLCを立ち上げればいい。数社でシェアできるウェブラボラトリー計画は自分のキャリアプランの中に入っているので、このエンジン開発してあとは会社ごとGoogleに買ってもらうのもアリ。(その方がユーザーにとって健全)

あ、インフォコモンズは、賛否両論ぜひご一読あれ。4名の方にどうぞ。

   

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。

擬人化クローラ」への2件のフィードバック

  1. >広告の積極配信もユーザーにとっては、逆にメリットになることが多い気がする。
    きっと受け手(ユーザー)は広告と感じないでしょうね。
    むしろユーザーの意識の中では、自らが情報を取得しに行ったという感覚になるのではないでしょうか。

  2. これ、素晴らしいと思います!

    >RSSリーダー、SBM(ソーシャウブックマーク)クッキーのビヘイビアなどInputし

    APIベースで外部feedから取得できるといいですね。特にコミュニティ系でこれやってくれてるところがあれば最高ですね。

    これが出来れば…、
    擬人さんはホントの意味で、自分の分身になりえますね。

    師匠流石です!!オス< (_ _)>

コメントは受け付けていません。