ネーミングライツ

標準
Pocket

この記事の所要時間: 420

そういえば、今まで結構色んなネーミングを作り出してきたことを、ふと思い出し、おさらい含めて洗い出してみようと思います。

独学でブランディングなど勉強もしていた頃もあって、改めての「気づき」が多かったですな。

和ペリティーヴォ
CCC:カルチュアコンビニエンスクラブの子会社NSSがIRMA RECORDSと組んでイタリアのバールで軽食をつまみつつ、食前酒を楽しむ文化「アペリティーヴォ」という名のコンピレーションCDを出した際に、主催したプロモーションイベントのネーミング。以後、ホワイトマンさんに引継ぎ、CDのタイトルにもなりました。

@linkage
エッジの効いた「人物」に焦点を当てたセミナーと、ウェブの業界中心のネットワークを可視化しようと、Google Sitesで始めた人名WIKIにつけた共通のネーミング。現在150名ほど登録。(最近サボリ気味)

RISO LABO
@linkageの原稿を書いているときにふいに書き記した概念。理想+ラボラトリーの略。

O.E.P
おかげさまで今年10周年を迎える、桜美林のイベントオーガナイズサークルObirin Event Projectの略。自分達で作り上げ、自分達で楽しむの意で、Organize & Entertainment Peopleという裏コンセプトも何気に忍ばせている。(翻訳があっているかは微妙)

bpm.
こちらもDJイベントオーガナイズ集団のネーミング。Beat Play Mastersの略称。

naturalism
こちらは以前、外苑前にあったお洒落ダイニング音楽ラウンジ「66modern*」で主催していた女性中心のレギュラーイベント名。女性がDJをやることがまだ珍しかった頃に、いや自然ですよ、というメッセージも込めて。

CUBE
v01~05まで開催した総合エンターテイメントイベントのネーミング。最終的には出演者100名、300名以上の集客で一旦終了。小規模のmini-CUBEも開催しました。クラブのことをよく「ハコ」と称しており、多次元の階層構造をもった四角いハコの中で多種多様の演者が集まるイメージ。

TOKYO WEB MEETING

先日、渋谷のLoungeNEOにて行ったウェブ業界のセミナー+交流会のアクティビティ。東京からウェブを使って情報発信すべく名づけたが、ありそうなくせに意外にも名前のかぶった競合なし。

A little touch of jazz
現在シリーズ5作目のJAZZ CROSSOVERのDJ MIX。今は亡きDJ MIX ARCHIVES xfadeに投稿をし、CDに焼いて限定販売をしてみたところ、日本国内はもちろん、チェコ、カリフォリニア、オーストラリア、中国などからもお問い合わせを頂き、ウェブにチカラに驚いた経験が僕のウェブの仕事の原点になっています。

hommage

都内のクリエーター集団を集めたメーリングリストと、そこから派生したインターネットラジオの共通のネーミング。直訳すると「全てを受け入れ享受する」という意味で、芸術家などにささげる敬意を表すフランス語。

001design
@linkageにも書いてある通り、フリーランス時の名称。そもそも、sound.jpで「001」というアカウント名が偶然取れてしまったことで、特に理由もなく「design」をつけてしまった結果生まれた呼称。その後、独自ドメインを取得し、メールアドレスもこれをベースに利用中。

Human Asset Consortium
そもそも、セールス、プランニング、デザイナー、エンジニア、バックオフィスの分野でそれぞれの企業で第一線を担うメンバーで構成された期間限定のクリエイティブ集団名。やっぱ「人」だよね、という観念と、当時IMJMの廣田さんがよく「IMJグループの強みは会社単位に分かれている専門性の高さと、それらのアセットが使える環境やで~!」という言葉から戴いた「アセット」を加えたコンソーシアム。

sunday+vida
渋谷神南のお洒落カフェSPUMAで3年間続けた第4土曜日のイベント名。「日曜日快適計画-×Spuma」と称し、来てくれた人にMIX CDと毎回ささやかなお土産を配っていた。ちなみに、vidaはPura Vidaからトリ、コスタ・リカなど南米で取り交わされる挨拶のこと。

「 Pura ・・・ 純粋な、汚れのない、まったくの 」「 Vida ・・・ 人生、生活、生命、この世、元気 」

Liquer μ-zics
主に渋谷SHIFTY、六本木のクラブ香-KOU-などで不定期に行っていたJAZZ CROSSOVERのイベント。JAZZを基軸にHOUSE、HIPHOP、BREAK BEATS、GRANDBEATなどmixtureの音楽性がコンセプトで、それを、カクテルリキュールに見立てて、提供することをイメージしたネーミング。意外に好きな音感。

こう見てみると・・
・純粋な日本語がない(ことぶき!とか、大和魂!とか)
・説明がないと意味不明
・フォーカスしすぎる対象がない。何気にぼやっとしている。
・造語が好き
・ロゴのしやすさで作っていた気がする

こんな人間ですが一緒に仕事してみたい人、募集中です。

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。