野菜その後・・

標準
Pocket

この記事の所要時間: 241

シンパ カフェ
千葉県茂原市高師 975-3
http://www.sympacafe.com/

こちらの企画で応募頂いた千葉県茂原にあります。シンパカフェより、有機野菜を使った料理の写真と簡単なレシピを頂きました!

写真で見てもいい具合ですな。僕も食べましたが、トマトの甘さが半端なくてフルーツのようでした。

ご希望の方はこちらまでご連絡ください。
http://vegetable-liber.blogspot.com/2009/06/blog-post.html


シンパカフェでの使用例


写真の内容です。
真ん中が、マリネ(ミニトマは見えないけど)
上のが、ヒジキサラダ(枝豆は見えないけど)

■インゲンとミニトマトの洋風揚げびたし
(茄子と一緒に)
素揚げた野菜を熱いうちに、酢、バルサミコ、醤油ベースのタレにつけこむ。タイムやローズマリーなどのハーブも一緒に。冷やしても美味しく食べられた。ミニトマトはそのままツマミ食いもしたら…すっごく甘くてフルーツのよう!普通のフルーツトマトは価格が高いのに、こっちの方が美味しい!これはお買得!

■ジャガ芋とセロリのゴマ酢炒め
ひとくち大に切って蒸したジャガ芋が、その場で塩して食べてみたら、いい色だし、ホクホクで美味しい!

調理は…厚めスライスのセロリと、カットした蒸しジャガを、ごま油、酢、醤油、白ゴマで炒める。セロリは、苦手な人もいるので、葉も茎もスライスしてから 軽く茹でた。近年は キタアカリって品種が、メジャーになってきてしまったので、ありがたみが半減してしまい なんだか残念な気分。

■小ねぎ…小口切りで、てりやきハンバーグの飾りに。
私も千葉出身なのに、小ねぎが、千葉の名産品だったことに今日 気がついた。

■キャベツとニラのナムル
(きのこ類と一緒に)
野菜をカットして蒸し、塩、ゴマ油、ニンニクと和えた。キャベツは、生のまま塩揉みにもしてみた。ほのかに甘味があって美味し!スーパーで買うキャベツだと、こうは いかないなあ。

■茹で枝豆とヒジキのサラダ

感想いろいろ

・甘いもの好きな女性にとって嬉しいのが、フルーツや甘い野菜(メロン、梨などのフルーツ、とうもろこし、イモ、栗、南瓜とか)の特別便があるところ。自分が食べたい、贈り物にもできるもの、時期が限定的ってのが良いところだなあと思った。

・塩だけなどのシンプルな生食っぽい調理が出来る野菜だと、有機野菜の美味しさがすごく大きく出る。だから購入したときの満足感に一番つながりやすいと思った。気楽に食べられることでおいしさを実感する機会も増えると思う。

・生食で美味しい野菜で 大きなポイントを稼げるとおもう。さらに、調理レシピ付きの手軽さで時間が節約まとめ買いで お金の節約と、一週間分のレシピ構成を考えられるからここでも時間の節約ができる。
→僕もレシピは大事だと思います。

・肥料や、土、農薬のことが分かりにくので、もう少し詳しく知れたらいいな。
→なるほど。生産までの大事なポイントですよね!

・仕事を持つお母さんむけに、年間契約みたいのもあったらどうかなあと思う。
→年間契約できるはずです

satoshiさん、奥さん、お忙しい中ありがとうございました!

http://www.tagclick.net/ping

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。