10分で変わるパワポ講座

標準
Pocket

こんにちは。助田です。 

さてさて、パワポをイジリはじめてかれこれ10年近く経ちました。事務作業は自信があり、とても好きな自分ではありますが、特にパワポは毎日開くアプリケーションの一つであって、今ではそれこそ立派な商売道具となっています。ぶっちゃけP-1グランプリとかあったら出てみたいくらい。

僕のパワポヒストリー
●ここ10年間はPCを触ってパワポを触らなかった日はない。(・・と思う。)
●パワポの師匠から毎日400倍拡大でのスパルタチェックを受けて育つ。
●言語も英語、韓国、中国、スペイン、ポルトガルと計6か国語くらいの言語でドキュメントを創る。
●某世界的カンファレンスで作成担当したプロジェクトが賞を取って高級鉄板焼きをおごってもらう。
●実は元ソニーの出井さんが経団連で発表する資料の一部を作成したことがある。
●転職活動でパワポの添付を付けるだけで書類選考が必ず通る時代があった。
●今までいろんな資料を見てきた自分が、いいなと思うパワポ資料を創れる人は4人いない。
●20代のころ事業部長とリアルで口論となり全否定される場でも、パワポだけは除外された。
●どの会社に行ってもパワポのひな形を勝手に作成・変更して、以後それがデフォルトとなっている。
●会社案内、提案書はもちろんのこと、事業計画書、上場準備資料、M&Aの資料などもたくさん作る。
※アニメーションは好きではないので基本やらない。

てことで、10分で変わるパワポ講座という形でポイントをまとめてみました。これら実践するだけで、見栄えは抜群に良くなります。見栄えが良い資料と悪い資料では、インプレッションが20%違います。コンバージョンが40%違います。

という真偽からの審議は置いておいて、僕も相当数の資料を見てきましたが、某企業じゃないけど世界中のパワポを見やすくしたい!なんて言いたくなっちゃうくらいパワポがうまく扱えない人ってめちゃくちゃ多いと思っています。なのに作らなきゃいけないパワポ資料って人生思いのほか多いです。なので少しでもうまくいくポイントをまとめました。本当に10分でがらっと変わります。

ではどうぞ。(あとで思い返してページが増えるかもしれませんがご了承ください。)

本質的には何が言いたいかって。

配慮の全ては読み手のために! を忘れずに。

レイアウトを決めて構想をまとめるべし!

上からページタイトルがあって、ページを要約したリードがあって、イメージとか使ったり、ここのへんに説明用のテキストを使ったりとまずはページ全体のレイアウトを決めて、なるべく全ページ同じレイアウトで統一すべし!

フォントの体裁に気を使うべし!

フォントの体裁ひとつで資料は大きく変わる!明朝体はパワポに向かない。

英数フォント:半角、カタカナ:全角を使うべし!

半カナは場外。紙畑の人は全角を利用したがるも半角に統一した方がシンプル。

フォントサイズに気を使うべし!

プレゼン用、印刷用あるもフォントサイズは大きめ幅広に使うべし!

全体的な色味に気を使うべし!

好みではあるがコーポレートカラー+1色ほどほどでよいのでは!?

行間はなるべく揃えるべし!

ショートカットキーをうまく使ってレイアウトの幅をなるべく揃える

背景もなるべくシンプルに!

資料の利用シーンに応じて調整する。やっぱり白が無難。

イケてる資料をたくさん目にするべし!

イケてるイケてないが分かるとパワポはだいぶ進化する。

以上です。これを意識して資料を作成してみてください。

それでもどうしてもうまくいかん!という方は

パワポの制作コーチング&制作代行は【問い合わせ】まで
※制作スピードめっちゃ早いです。

あと、応募があるかはわかりませんが、パワポのコーチングをfacebook上で実験的に実施してみようと思います。以下のコーチングが必要な人は同じくフォーム、もしくはfacebook上でご連絡ください。

パワポコーチング概要
●応募いただいた方とコーチング専用のfacebokのグループを作らせてもらいます。
●そのfacebookグループ上でパワポに関しての質問を受け続け回答し続けます。(なるべくすぐ返信します。)
●費用は税込2万円で振込先払いです。対象は限定1名でスタートしてから10日で終了です。
●終わっているころには間違いなくパワポつくりが今より楽しく、今より見栄えの良い成果が出て上司に褒められます。

では興味ある方はご連絡お待ちしております(´ー‘)?y-~~

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。